バリ島 観光 オプショナル ツアー | バリの民家でホームステイ

| バリ島 観光 オプショナル ツアー 家族みんな充実のミックスツアー

 

バリ島の生活を知る

バリ島 オプショナルツアー 当社では安心して ホームステイをお楽しみいただけるよう、万全の体制でお手伝いいたします。3泊4日、現地の民家でバリ人と一緒に暮らして体験することができます。万が一何かあった場合でもすぐに連絡が取れるよう、携帯電話のレンタルもすべてセットになっておりますので、安心してバリ島を肌で感じていただくことができると思います。
バリの民家でホームステイ

バリの民家でホームステイ コース & 時間

  • 1日目 【1日目】
    ホテルもしくは空港へお出迎え
    バリの有名な農業県タバナンへ
    宿泊:バリの民家
    バリ島のオプショナルツアーの中でも珍しい、バリの民家にホームステイできるプランとなっています。安心してホームステイをお楽しみいただけるよう、万全の体制でお手伝いいたします。
  • 2日目 【2日目】
    朝食・昼食・夕食は民家のご飯
    1日自由アクティビイティ(農業の体験や見物もできます)
    宿泊:バリの民家
    バリ島の人の暮らしを体験してみたい方にオススメのオプショナルツアーです。バリ島の実際の家庭にホームステイしますので、リゾートエリアとは全く違う楽しさを感じる内容となっています。
  • 3日目 【3日目】
    朝食・昼食・夕食は民家のご飯
    芸術で有名なギャニャール県へ移動
    その後1日自由アクティビティ
    宿泊:バリの民家
    普通のバリ島のオプショナルツアーでは体験することが出来ない、生のバリ島の様子を知ることが出来るプランです。日本での生活とギャップを感じると思いますが、とても良い経験となるでしょう。
  • 4日目 【4日目】
    朝食・昼食(時間によっては夕食まで)民家のご飯
    ホテルもしくは空港へご案内
    帰国又はホテルへ
    4日も滞在すると、お世話になった人々とのお別れも寂しいと思います。バリ島の民家でホームステイできるオプショナルツアーは、人と人との温かい触れ合いを経験できる内容となっています。


嬉しいプライベート車!人数によってお車が違います

車種一覧
含まれるもの 含まれないもの
ホテル(または空港)からの往復送迎 、各ホームステイ先の宿泊料金・食事代、送迎料金(1日・移動日・最終日) 、携帯電話レンタル料 など お土産代、お飲み物代など
お持ちいただくもの
着替え、日焼け止め、帽子、カメラ、お金などをお持ちいただくのがおすすめです。
ツアーで使用するお車について 全日程プライベート車
こちらのツアーは全日程、ダルナトランスポートのプライベート車でのご案内となります。人数に関わらず、他のお客さまとの同乗はございません。

  • 催行会社
  • ツアー
  • ダルナトランスポート
    住所:Jl Taman Jimbaran VII.A NO.260 JIMBARAN BALI
    TEL / FAX:0361 8480433 /

口コミ一覧

女性ばかりが忙しそう

満足度:3
2018年05月02日
M | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
バリの家庭にホームステイしてみて感じたことは、、、女性ばかりが忙しそうにしていて、男性がのんびりしていることです。朝早く女性たちは市場に買い物に行ったり、庭を掃き掃除したり、料理をしたり、洗濯をしたり、お祈りに使うお供え物を作ったりと、休み暇もなくずっと働きづめで、こっちが心配してしまうほどでした。それに対して男性たちは、タバコをくゆらせながらコーヒーを飲んだり、鶏の毛並みを整えたり(闘鶏に使うらしいです)のんきにしてるなーと呆れてしまいました。それでもうまくいっているバリ人家庭は不思議でした。

こんな旅行はじめてです

満足度:3
2018年04月25日
Itagaki Yuji | 男性 | 30代
ご利用メニュー:
今までいろいろな旅行をしてきましたけど、あくまですべて目線が観光客というか、しょせん観光しかしてこなかったと思います。でも今回のバリ島旅行では、バリの一般家庭にホームステイ体験をしてきました。オプショナルツアーでこんな体験ができてしまうことが驚きだったのですが、観光ではない目線でバリを感じることができたらと思い参加しました。バリでのホームステイは驚きの体験の連続でした。まずバリの家庭は大家族でいつもみんながどこかで集まって話していること。言葉がわからない自分も何かとその輪に入れてくれて、一生懸命話しかけてくれました。不便なことも正直ありましたけど、それ以上に温かい体験のほうが思い出に残っています。こんなよくわからない外国人を受け入れてくれた家族の懐の深さにも感動です。ありがとうございました。

安心して参加できました

満足度:3
2018年04月25日
KOICHI | 男性 | 20代
ご利用メニュー:
現地の言葉も習慣も全く知らない自分がいきなりバリ人の家にホームステイなんてできるのか?って最初は思ったんですけど、旅行会社のスタッフさんと事前に何度かメールのやり取りをして不安も解消しましたし、ホームステイ中は携帯電話とWi-Fiモデムを貸していただけるという万全のサポート体制があったので、安心して参加することができました。ホームステイ中は幸いにも電話で助けを求めることもなく、旅行会社から迎えに行く前の確認の電話が来ただけで、こちらからは連絡はしませんでした。Wi-Fiがあったのでスマホの翻訳アプリを使ってコミュニケーションも思った以上にスムーズで楽しかったです。またぜひ参加したいくらいです。
K | 男性 | 40代
ご利用メニュー:
バリ島でホームステイ体験してきました。少しくらいは英語とか通じるのかな、なんて軽く考えてましたけど、現地の言葉以外は全く通じませんでした(笑) そんな自分に言葉を教えてくれたのはホストファミリーの子供たち。最初は警戒して近寄ってこなかったのですが、見知らぬ外国人に興味津々なのがキラキラした大きな目から伝わってきて、すぐに仲良くなりました。どこに行くにもついてくるし、逆に出かけるときにはついてこいと言われて、一番一緒にいる時間が多かったです。彼らと一緒にいるとインドネシア語を自然と覚えるような気がします。代わりにこっちも日本語を教えたのですが、彼らのほうが覚えるのは数倍速かったですね(笑) ホームステイ最後の日には泣きそうになっていたかわいい子供たち。とてもいい時間を過ごしました。

日本の生活と真逆の4日間

満足度:3
2018年04月25日
梶 | 男性 | 30代
ご利用メニュー:
あっという間の4日間でした。日本に帰ってきてからはまた多忙な日が続いているのですが、ふとした瞬間にバリの家で過ごしたのんびりとした時間の流れを思い出して懐かしくなってます。バリの田舎の家庭なので、いまだに昔からの伝統を守っている生活スタイルで正直不便もたくさんありましたけど、便利な日本に帰ってきてから思うのは、便利な日本の生活にもいいところがあるし、バリの不便な生活にもいいところがあるし、そういういろいろなことを見つめるいい機会になりました。不便でも全然それが苦ではなかったし、温かいバリの人たちに囲まれた生活はどこか懐かしさを感じさせるような何かがありました。

また家族に会いたい

満足度:3
2018年04月25日
匿名希望 | 男性 | 30代
ご利用メニュー:
機会があればまたバリのホストファミリーに会いに行きたいです。アジ(お父さん)、メメ(お母さん)、ダドン(おばあちゃん)、アグース、カデ、オマン、、、写真を見てはなつかしさに浸る毎日です。バリの家族はみんな仲良しで、いつも笑いが絶えなかったです。中でもメメは一人で冗談を言って笑ってバシバシ人の肩を叩いたりして楽しい人でした。メメの冗談は全く意味が分かりませんが、いつも食事のときには「いっぱい食べな!」と言わんばかりの山盛り飯を皿に盛ってくれて、おいしい手作り料理を振舞ってくれました。バリで食べた料理の中で一番おいしかったのがメメの手料理でした。一般家庭にホームステイをするなんてTVの旅番組みたいなことが、簡単にオプショナルツアーとして一般人でも体験できてしまうなんてすごいと思います。

きつかった

満足度:2
2018年04月18日
匿名希望 | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
私たちにはホームステイは向いていなかったのかな、、、。とても楽しそうだと思って申し込んだんですけど、そんなに楽しくなかったです。家族の方たちはいい方たちなのはわかるし、すごく親切なんですけど、共有できることがあまりなくて、、、。なのに部屋に籠っているわけにもいかないし、変に気を遣いました。あと、生活のスタイルが日本と違い過ぎて、、、カルチャーショックでした。特にきつかったのが水回り。トイレとお風呂が一緒で、何人もいる家族で1つの浴室しかなくて不便でしたし、お湯ではなく水浴びというのも寒くて震えました、、、。いかに日本の自分の生活が恵まれているかというのは身にしみてわかったかも、、、。
YUJI | 男性 | 20代
ご利用メニュー:
今まで国内外いろいろなところに旅行をしましたけど、今回バリの一般家庭にホームステイをするという機会をいただいたこのバリ島旅行が一番思い出に残る旅行になりました。本当に素晴らしい時間を過ごしました。まったく一人での体験だったんですけど、それが功を奏して、家族の方たちと仲を深めることができたと思います。バリの家庭はおじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、子供たちがいる大家族ですが、それ以外にもおじさんやおばさん、いとこたちなども同じ敷地内に住んでいて、みなさん人懐こくて暖かい。寂しいなんて感じる暇もないくらいたくさんの家族と話したり遊んだりしてとても楽しかったです。ただその土地を見て回るのも旅行だとは思いますけど、その土地に住む人たちとの交流があるともっと意義のある旅行になるのだなと改めて実感しました。

いい体験ができました

満足度:3
2018年04月18日
ichina | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
まさかこんなに気軽にホームステイができるとは思ってもみませんでした。ホームステイって聞くと、もっとあらたまった企画のような印象でしたけど、こちらの旅行会社ではオプショナルツアーとして誰でも気軽にバリのお宅にホームステイができるのはびっくりでした。でも思い切って申し込んでみて良かったです。普通の旅行では見ること、知ることのできない、観光地ではない本当のバリの生活を知ることができました。言葉はそれほど通じなくても、人間の本質のようなところで分かり合えるものがあることも知りました。日本では核家族化で個人主義が進んでいますけど、バリでは大家族でプライバシーなんか関係ない人と人とのつながりが温かく感じました。特にお母さんはとても優しくて、おいしいバリの家庭料理をたくさん振舞ってくれました。どんなレストランで食べた料理よりもおいしかったです。
匿名希望 | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
ホームステイができると聞き、好奇心で参加してみた今回のツアーですが、私にはこういう暮らしはできないなと思いました。家族の絆がいまでもしっかりとしているのが魅力でもありますが、プライバシーがない感じが現代の日本人には息苦しく感じるのではないかと思いました。あと、家族の生活を見ていると、どうして女性ばかりは働いているのかという疑問がいつも心にわいてきてしまいました。男性たちはいつもタバコを吸ったり、コーヒーを飲んだり、昼寝をしたり、ペットらしい鶏の手入れをしたり、好き勝手にしていましたが、女性たちは朝から夜までずっと忙しそうにしていました。しかも日本のような便利家電があるわけでもなく、昔ながらの伝統的な方法を貫いているので、手間も時間もとてもかかるのが伝わって、、、。バリ人の嫁にはなりたくないと感じてしまいました。こういうリアルなバリ人の生活を知ることができたのはいい経験だったとは思いました。

料理がおいしかった!

満足度:3
2016年11月18日
田部井達雄 | 男性 | 20代
ご利用メニュー:
ホームステイ楽しかったです!今回ひとり旅だったんですけど、ホテルに滞在してぶらぶらしているより、よっぽどよかったです!こんな体験、観光客にはなかなかできるチャンスないですから。バリの田舎の一般家庭にお邪魔しましたが、一見今どきの生活様式に見えるなか、昔からの伝統的なやり方を守っているようなところもあって、こういうのはガイドブックには載っていないと思いました。いつも子供たちとサッカーしたり、近所を散歩しようと連れまわされたり、おじいさんといっしょにコーヒー飲んだりしているばかりで、何も役に立ちませんでしたが、みなさん優しくしてくれました。一番印象に残っているのはお母さんの手料理。どこのレストランで食べた料理よりもバリのお母さんの手料理はおいしかったです。なんどもおかわりしろといっぱい食べさせてくれて、あの味が懐かしいです。

バリ人家庭を知るツアー

満足度:4
2016年11月18日
花田幹江 | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
娘と二人で参加しました。今回2つのご家庭にお世話になりましたが、どちらも三世代で同居されていて、ちょうど私はおばあちゃん、娘はお母さんの年代でした。バリの家屋は中庭を中心にいくつもの棟が集まっていて、その中庭にある東屋のようなところでいつも家族が集まってコーヒーを飲んだり、料理を作ったり、お供え物の準備をしたりしていました。お手伝いをしようとしても役に立たず、いつも子供たちと一緒に行動していたような気がします。最初ははにかんでいた子供たちもすぐに心を開いてくれ、とても人懐っこい性格でどこに行くにもついてきました。一生懸命言葉や生活のことを教えようとしてくれて可愛くて仕方なかったです。観光地を回ったり、ショッピングをしたりもいいですけど、こういった方法でバリを知るのもとてもいいと思います。

一人で参加しました

満足度:3
2016年11月18日
Yurina | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
自分でもなかなかの冒険だったと思います。その土地の言葉もまったくできず、知人もいない一般家庭に宿泊するなんて、、、。でもそういった無理かと思えるような究極の状況でも、ある程度どうにかなるものだなと今回の体験をもって知りました。基本どのご家族も非常に友好的で、いつも気にかけてくれる人がいて、一人になる状況がまったくないくらい、何かと世話を焼いてくれました。言葉ができなくても、一生懸命コミュニケーションをとろうとしてくれる気持ちが通じましたね。日本の核家族なんていうのとは無縁の、家族みんなが仲が良くていつもしゃべっているのがバリの家族でした。最後は泣いてくれたり、こっちも泣いてしまったり、とても忘れられない体験でした。

バリ人に成りきれるか?

満足度:3
2013年03月04日
安藤 | 男性 | 20代
ご利用メニュー:
とても貴重な体験をさせて頂きました。 バリ人と結婚したら、どんな生活か?シミュレーションが出来ます。 電気・ガス・水道のインフラが弱いですね。 文明人に致命的なのはネット環境でしょう。 ☆バリも都会(MacDonaldはネットが無料)なら、問題無さそうでした。